不在の時間

TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2017年06月
ARCHIVE ≫ 2017年06月
      

≪ 前月 |  2017年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) |                       

風になって

君が友だちは風になった。
友の温かい手のひらに
茅色の匂を置きながら
しずかに吹き抜けた風。

君の言葉に素直に思う。
そうだね淋しいね。
スポンサーサイト
.. | Comments(-) |                       

今日の天気

半径30㎝はしぐれて雨 
湿っぽいのは好みじゃないと
言った君が涙した

そんなぬくもりも
忘れてしまったんだ
.. | Comments(-) |                       

土の匂いがする

山あいの夜は
風が運ぶ土の匂いがする


気にすることはない
交差する気配をまたぐ
そこに眠るものたちを
拾い集め連れて帰るから

明日、あしたになれば
山あいの夜は
風が運ぶ土の匂いがする
.. | Comments(-) |                       

このごろ

大衆の渇きの喉のその奥の
届いた蜜と届けるきみの手


ひとりごと

一つの思想、一つの思惑、見えない手に
知らぬ間に動かされる大衆にはなりたくない。
なにかが不気味に蠢いている…

「大衆を馬鹿にするな、誰が何を言っても大衆は強いのだから」
言ったのはゲーテ。
その強い大衆には蜜を持った手が差し伸べられる。
喉の渇きに蜜は違うような気がするのだが
蒔きちる欲は、喉の渇きに蜜だって求めてしまうのだ。
.. | Comments(-) |                       
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。